2008年10月29日

食事効果の継続時間

ミナガルデ(無印・Gでのオンライン拠点)での話です。

ハンター達はゲストハウスと呼ばれる専用の宿泊施設を拠点にし、狩りの準備をしクエストに出かけていきます。

さて、このゲストハウスではクエストに出かける前に一度だけ食事をとる事ができます。その日の食材の中からハンターが選んだ2種類を調理し、その組み合わせによって様々な効果が現れるのです。
ただし、クエストを終わるか1度力尽きるまで。


さてさて、継続時間ですが一度力尽きると効果がなくなってしまうのは良いでしょう。
瀕死の重傷でアイルー達に助けてもらわないとキャンプにすら帰れない有様なのです。たった1回の食事での効果なんか吹き飛んでしまっても不思議じゃありません。

クエストが終わったらというのも良いでしょう。
クエスト時間は最長で50時間(ゲーム内の1分=実際の1時間相当らしい)にも及びます。丸々2日間ぶっとおしなのか半日x4なのかは分かりませんが、むしろそこまで効果が持つ事が驚きです。
流石は、一生遊んで暮らせる、と言われる火竜の紅玉の売却金額をたった5回の宿泊代で超えるだけはありますね(キングルームの場合)。
また、早くクエストが終わった場合でも強大な飛竜と相対するストレスや行き帰りの移動時間などを考えると効果が無くなってしまうのも頷けますね。


じゃあ何が問題なの?っと言うと、それは「その日の食材」。コレです。
ゲストハウスの食材は一度宿の外に出る事で入れ替わります。つまりその時点で1日経ったという訳ですね。
はい。1日経ってるのです。
1人で狩りに出るのでなければ、自分1人だけ準備を完了し酒場で待つこともあるでしょう。そう!他の人が「その日」の食材が気に食わないで宿を出入りしている間!!

その間は飲まず食わず?とか、ゲストハウスって何泊しても1回の食事しか出さないの!?とか、色々と疑問はありますが問題は・・・

1回の食事での効果がそんなに持つ訳ないだろ!

と言う事。
いやいや、これは絶対に食事が凄いとかって問題じゃないって!
上で「流石はゲストハウス」みたいな事を言いましたが、前言撤回。
きっとハンターの体の方に秘密があるはずです!!


えーっと・・・ここまで前置きです。



やたら長くなってますが、さて1回の食事の効果がこれだけ保つってハンターは胃が4つくらいあるの?
いやいや、流石にハンターだって人間。胃が4つもある訳ない。ないと思いたい。
じゃあ反芻してるのか?
いや、だから牛じゃないんだから・・・大体、あれは消化を良くするためのものだから仮にしてたとしても効果時間が長くなったりはしないんじゃないだろうか。

となると私の少ない知識だと他に思いつくのは頬袋くらい。

・・・・頬袋っ!!
ゲストハウスの食事を頬袋から取り出して小分けに食べてるとしたら!
これなら何日も効果が保つのも納得です。
1度力尽きると効果がなくなるのは強烈なダメージでつい頬袋から吐き出してしまったのでしょう!

ただでさえ人間離れした体力を持つハンター達。まさか頬袋まで備え持っているとは、驚き、という他ないですね。




しかし、ぶっ倒れるほど"当たった"食事ですら頬袋に貯めて小分けに食べるなんて・・・
食の大切さをもう一度考えさせられますね。
posted by 雨々 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108778840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。