2009年07月03日

火力として見た時の柄殴り

「柄殴り」

狩猟笛の中で最速の攻撃。
だけど火力もそれに見合って、その、何と言うか、トロ火。

そして攻撃範囲が小さく、リーチが短く、スーパーアーマーもない。
攻撃速度も最速といっても、ぶん回し1回≒柄殴り2回くらい。

つまり単純に火力で考えるなら使う場面は
・柄殴り1回分の隙しかない
・ぶん回し2回分の隙がないので、柄殴り+ぶん回し
・ぶん回しN回分の隙がないので、柄殴り+ぶん回しx(N-1)回


結構あるじゃん。と思いそうなものだけど…

1つ目は個人的にはそんな場面には遭遇したことがない。だって柄殴りが当てられる場所まで潜りこむ前に右ぶん回し出せるもの。
2つ目、私には無理。そんな場面があるのは確かなんだけど実際に柄殴り1回分か試すより、空いた時間で次の良いポジションに動くことを優先しちゃいます。
3つ目、柄殴り+ぶん回しが無理な人間には語れません。

他にも柄殴り+叩きつけとかあるけど考え方は一緒なので割愛。


んで、結局なにが言いたいのかって…

「素人にはオススメできない」

これです。

下手に使えば火力が落ちる。
上手に使ってトントン。
極めてやっとこ少し火力が上がる。


私はこんな認識です。
狩猟笛の使い方に慣れる段階なら完全に封印しても良いんじゃないかな?



あ、もちろん「手数を稼ぎたい!」とか「攻撃範囲が狭いのが良いのっ!」とかって場合は別の話ですよ。
posted by 雨々 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 狩猟笛の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122709101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。